パテックフィリップスーパーコピー初の1/10秒クロノグラフを発表

パテック・フィリップ5470Pは、10分1秒を計測・表示できるムーブメントを搭載した初リスト・クロノグラフです。こ印象的な新ムーブメントベースは、2009年に発表され、パテック・フィリップすべて手巻きクロノグラフベースとなっている有名なキャリバーCH 29-535 PSで、素晴らしい手巻きクロノグラフ5172やそ前身5170に使用することができます。

5470PCH 29-535 PS 1/10ムーブメントは、2009年に発表された既存4HzCH 29-535 PSをベースに、7つ新しい特許を取得しています。手巻き、コラムホイール制御、水平カップリングなど、極めて伝統的な構造が特徴です。最も特筆すべきは、CH 29-535 PSムーブメントが瞬時にジャンプする分カウンターを備えていることです。これは、先端に溝を持つ穴あきミニッツカム、スケルトン・レバー、コイルスプリングが分カウンターを瞬時に進める特許を取得しているためですこ新しいムーブメント振動数は、10分1秒を計測するために5Hz(36,000vph)にまで高められています。しかし、1/10秒精度を実現するためには、テンプ動力を高めるために、より大きなトルクが必要となる。しかし、パテック・フィリップコピーは、ムーブメントサイズを大きくする2つ目香箱を取り付けたり、香箱厚さを2倍にする代わりに、香箱アーバー直径を小さくし、それによって主ゼンマイコイルを大きくした。さらに、特許取得済み溝を香箱に追加し、主ゼンマイが巻き上げられるときにバネフックによってかかる張力を軽減しています。

そ機械的な機能により、着用者はパールマーカーによって導かれる経過秒数を瞬時に読み取ることができ、外周リングオービタルスケールにコンマ数秒経過時間を表示することができます。クロノグラフ分積算計は、3時位置サブダイヤルにある30分積算計で瞬時に表示されます。